1952
(昭和27年)
自動車鈑金の技術を生かし、尼崎市で黒木鈑金工作所として創業。電気自動車ボデーの製作を始める。
1953
(昭和28年)
自動車ボデー製作の技術を買われ、遊園地用の乗物の製作を始める。
1955
(昭和30年)
遊園施設の需要増大に伴い、遊園施設乗物の製作に専念。 巧みな鈑金技術で色々な乗物デザインに対応し遊園施設業界の発展に努める。
1964
(昭和39年)
経済の高度成長に伴いレジャー産業も急激に成長。 遊園施設乗物の需要増大に対応し、尼崎市に新工場を建設。
1969
(昭和44年)
日本万国博覧会のレジャーゾーンであったエキスポランドに設置する乗物を多く受注。 黒木テック工業株式会社として法人化する。
1970
(昭和45年)
日本万国博覧会EXPO'70が開催。 エキスポランドの成功による遊園施設乗物の需要増大に対応し、工場を増築。
1975
(昭和50年)
“安全で安心な乗物を業界に提供する”ことを理念に、アメリカの遊園施設をはじめ海外遊園施設乗物の視察研修を実施。
一層の安全性向上の追求と生産技術向上に努める。
1978
(昭和53年)
遊園施設乗物のスリル化・大型化・量産化に対応すべく、本社工場を現在の伊丹市池尻に移転。
製作規模をさらに倍増すべく機械設備を拡充する。
1979
(昭和54年)
一層の安全性・品質の向上と大型遊園施設乗物時代に対応すべく、従来の鉄・ステンレス・アルミニウム等の素材に加えて、FRP素材を用いた乗物製作を開始。
1981
(昭和56年)
塗装の品質アップ・納期短縮を目的に、40人乗りバイキングの乗物がすっぽり入る大型乾燥ブースを設置する。
1985
(昭和60年)
遊園施設業界の需要拡大に対応すべく機械設備をさらに拡充し、自社内一貫製作体制を整備する。
1987
(昭和62年)
隣接の土地を入手、約900坪の敷地となり、超大型や大量ロットの乗物受注に対応。
1993
(平成5年)
3階建事務所を新設。更衣室・食堂・会議室・設計室を備え、対外的にも大人数の来客、打ち合わせ会議に対応。事務所の合理化を図る。
1995
(平成7年)
1月17日午前5時46分、阪神淡路大震災による被災。事務所・工場が半壊し、復旧作業に追われる。
2002
(平成14年)
黒木テック工業株式会社オリジナル商品のWater Shotを開発。乗物に水鉄砲を搭載し話題を呼ぶ。
2004
(平成16年)
当社の広報活動として、黒木テック工業株式会社のHPを自社制作。
2008
(平成20年)
7月  後継者の黒木侯次が代表取締役に就任。創業者の熱き思いを引き継ぐ。
2010
(平成22年)
5月  「中小企業総合展 2010 in Kansai」に初参加。他業界へPRする。

8月  自社製品第二弾「アニマルランド」を開発。 障害物を避けながら動物たちを訪問し、親子で楽しめる乗物として話題に。
2011
(平成23年)
2月  ひょうご産業活性化センター様から「成長期待企業」として選定される。

4月  経営革新計画(販売促進目的での遊園施設委託営業)が承認される。

7月  ポルトヨーロッパにアニマルランドを設置。サノヤス・ライド株式会社(旧:株式会社サノヤス・ヒシノ明昌)様と共同委託営業を開始。
2012
(平成24年)
2月  中小機構様より専門家を派遣いただき、将来ビジョン策定のご支援を受ける。

5月  さらなる情報発信を目的とし、自社ホームページをリニューアル。
2013
(平成25年)
9月  兵庫県中小企業団体中央会主催「facebookでプロモーション大会」優秀賞受賞
2014
(平成26年)
2月  自社ホームページをリニューアルし情報発信方法を整える。